主な工事

防水・塗装工事の必要性

屋上面では防水層が雨水の浸入を防いでいます。外壁目地、サッシ廻りはシ-リング材によって、建物の揺れに対しての柔軟性を持たせ、また、雨水の侵入を防いでいます。これらの部分は常に風雨や直射日光にさらされるため劣化を避けることが出来ません。建物の寿命を延ばすには、一般的に5~10年に一度は防水工事と外壁をきれいに保つ塗装工事が必要とされています。

下の写真は、外壁目地のシ-リング工事です。

 

注意シ-リング工事には、増し打ちか、撤去打替えがあります。増し打ちは安価ですが…5年~10年でシ-リング材は劣化する為、防水屋としては確実に、撤去打替えをおすすめします。

切れたり、劣化して薄くなったシ-リング材の上に新しい材料をのせても、シ-リングの厚みがつかず、すぐに切れてしまうでしょう。

塗装で隠れてしまいますが、年数が経ったシ-リング材はきれいに、撤去打替えにしましょう。

ベランダ防水・FRP防水

現在木造住宅ではFRP防水が主流となっています。継ぎ目のない優れた防水層をつくります。FRPの防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。

一般住宅のバルコニーに多い防水です。

上の写真のバルコニーは、防水層が悪くなっていなかった為、

トップコ-トをきれいに塗布しました。(サ-ビス工事です)

 

注意トップコ-トは防水材ですが、

保護塗料なので、防水効果はほとんどありません。

下の防水層を紫外線や日光から保護するものです。

 

防水層が悪くなっている場合は、FRP・ウレタン塗膜・シ-ト防水などで、施工いたします。

雨漏りになる前に→きれいにしてあげましょう。

 


ウレタン防水

ウレタン防水は最もポピュラーな防水工事であり、改修時の手間がかからずコスト面で優れています。ウレタン防水の特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応出来、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できる点などがあげられます。

シ-ト防水

シ-ト防水には、いくつかの工法があります。

施工場所の広さや形状、状態に合った工法を選ぶことが、大切です。下地を選ばず施工が出来るので、既存がウレタン防水でも、

シ-トをかぶせて貼る事が出来ます。


屋上、陸屋根の防水工事

屋上や陸屋根のから雨水が浸入すると雨漏りするばかりか建物自体の強度を低下させ、建物の寿命を縮める結果となります。屋上防水工事は建物の安全性や資産価値保持のために不可欠です。

止水工事

建物からの漏水を食い止めるために行う工事を止水工事と言います。

雨漏りが確認されたら、雨の侵入経路を的確に見つけ出し、

止水する施工方法を考え提案致します。


☆主な…防水工事の種類       

 

アスファルト防水(熱*冷工法)                    

ウレタンゴム系塗膜防水                  

アクリルゴム系塗膜防水                  

合成ゴム系シ-ト防水

塩化ビニル系防水

セメント系防水

シ-リング防水

改質アスファルトトーチ工法防水

FRP防水

塗床防水*塗布防水

 

 

施工場所に応じて、適切な材料

適切な工法を選んで、施工をしていきます。

各種、防水工事は→時正工業(株)へ!