主な工事

防水工事の必要性

屋上面では防水層が雨水の浸入を防いでいます。この部分は常に風雨や直射日光にさらされるため劣化を避けることが出来ません。建物の寿命を延ばすには、一般に5~10年に一度の防水工事が目安とされています。

FRP防水

現在木造住宅ではFRP防水が主流となっています。継ぎ目のない優れた防水層をつくります。FRPの防水層は軽量かつ強靭、耐熱性・耐食性・耐候性などに優れているという特長があります。


ウレタン防水

ウレタン防水は最もポピュラーな防水工事であり、改修時の手間がかからずコスト面で優れています。ウレタン防水の特徴は、防水層が軽量であり建築物に負担をかけない点と、ウレタン塗膜が複雑な収まりにも容易に対応出来、防水面に継ぎ目のないシームレスな防水層を形成できる点などがあげられます。

ベランダの防水工事

ベランダ防水の不具合が原因による雨漏りはとても多く、ベランダの防水工事は非常に重要な工事であると言えます。日常的に人の出入りが多いため、傷みやすく雨漏りが発生しやすいのです。


屋上、陸屋根の防水工事

屋上や陸屋根のから雨水が浸入すると雨漏りするばかりか建物自体の強度を低下させ、建物の寿命を縮める結果となります。屋上防水工事は建物の安全性や資産価値保持のために不可欠です。

止水工事

建物からの漏水を食い止めるために行う工事を止水工事と言います。


☆主な…防水工事の種類       

 

アスファルト防水(熱*冷工法)                    

ウレタンゴム系塗膜防水                  

アクリルゴム系塗膜防水                  

合成ゴム系シ-ト防水

塩化ビニル系防水

セメント系防水

シ-リング防水

改質アスファルトトーチ工法防水

FRP防水

塗床防水*塗布防水

 

 

施工場所に応じて、適切な材料

適切な工法を選んで、施工をしていきます。